2018年02月16日

カカオの効果

日本のバレンタインデイも様変わりしてきたようで・・・。
シンプルな昭和チョコナッツ入り)は見かけなくなりましたね。(笑)

最近のチョコのデザインの美しさと種類の多さには「驚き〜」です。
どんだけー.jpg
で〜〜〜

今年はこんなチョコをスタッフさん(全員)から、セットでいただきました。
18-02-15-22-53-33-719_photo.jpg
さすが女性ですね。流行に敏感です。

ココットをかたどった可愛い洋風チョコとカラフルな和風チョコ〜

味だけでなく目でも楽しめる平成チョコに私もちょっとシャッター📷を切ってみました。

ところで・・・・・

肥満やニキビの敵とされがちなチョコですが、実は、適量食べれば、ただ美味しいだけのお菓子じゃないんです。

心臓病、感染症、冷え性、便秘、ストレス障害……

これ全部、チョコに含まれる成分によって改善される可能性があります。

チョコに含まれるカカオポリフェノールにはさまざまな効能があります。代表的なのが悪玉コレステロールが引き起こす病気の防止です。
LDLコレステロールは活性酸素によって悪玉化して動脈硬化を引き起こすのですが、カカオポリフェノールはそれを抑えます。また、血管を拡げる作用もあるので、血管がつまりにくくなるんですよ。

そうして血の巡りがよくなれば、高血圧や冷え性予防にも!!

もちろん、😠食べ過ぎると😖、一緒に含まれている脂肪分や糖分の弊害が出ますからご用心を。

posted by 院長 at 01:05| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする