2017年10月03日

今度はシンガポール(インフルエンザのお話)

旅行 の話じゃありません。平成29年度インフルエンザ予防接種のワクチンの話です。

まず、今年はワクチンの流通は遅れています。
当クリニックの接種開始は11月1日からです。

今年のワクチンも型2種類(新型が1つと元来のA型が1つ)、型2種類(2015年より2つに増えました)、計種類の混合です。A型はシンガポール株と香港株、B型はプーケット株とテキサス株です。

この3年、B型は固定で、A型が一個ずつ入れ替わってきました。

昨年は元来のA型の株がスイスから香港に、今年は新型がカリフォルニアからシンガポールに変わりました。

シンガポール.jpg

過去には
2014年、カリフォルニア・ニューヨーク・マサチューセッツと、アメリカ一周のような年もあれば

アメリカインフル.jpg

2006年、ニューカレドニア・広島・マレーシアという年もありました。

世界地図インフル.png

マレーシアニューカレドニア・広島・.jpg

インフルエンザが世界じゅうを移動しているのがわかります。

うがい・手洗いに十分留意して、予防接種を受けるまでにインフルエンザにかかる  なんてことがないようにご注意ください。 
posted by 院長 at 01:56| 大阪 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする