2017年01月17日

雪の中の通し矢

通し矢ってご存知ですよね。わーい(嬉しい顔)京都の三十三間堂で行われる弓道の催しです。

三十三間堂外観.jpg

新成人の男女と弓道称号者が、三十三間堂の前庭で建物の長さのかなたにある(約60m)的を矢で射る伝統行事イベントなんですが・・・・今年の実施日115日は大雪雪
氷点下の中、雪でほとんど見えない的に向けて、みなさん凛々しく矢を放ったそうです。

雪の通し矢.jpg

本年度に二十歳になった京都の学生さんのおやごさんが、この催しの写真を送ってきてくれました。颯爽とした姿に若さを感じますね。
しかし、この30分前は・・・・・

雪の移動.jpg

更に大雪の中の移動で、「なんでこんな日にするのよ〜」と行きたくないモード全開だったそうです。
出番が終わった昼からはからりと晴れて

雪の鴨川五条.jpg

五条大橋から見た鴨川はこんな感じだったそうです。滋賀県の長浜では積雪38cmで、京都の倍との事でした。

ちなみに、私の成人の日はといいますと、大学のそばで友人たちと会食したことが思い出されます。

最近温暖化で本格的な寒さを体が忘れがちになっています。本来の寒さのこの時期に、十分用心なさってください。そろそろインフルエンザも流行ってきています。
posted by 院長 at 23:58| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする